So-net無料ブログ作成

本日より子育てよろづやブログはじめました♪ Today my blog started!!,'' House Child care '' [母乳育児]

ブログ開設しました☆


はじめまして♪

elmolmo@jb4と申します。

2015年3月に
わが子が生まれて11か月目で、そろそろ1年になります。

という訳で、わが子の子育て日誌、記録としてブログをはじめようと決意しました。

本当は生まれてからすぐに始めたかったのですが、なかなかブログの世界に一歩踏み出す事ができませんでした。

あまり気負わずに少しずつ書いていけたら、と思っています。

毎日過ごす中でのちょっとした事やお出かけの事や悩みなど、

これから子育てに関することを色々御伝えしていく予定です。




母乳のためにお赤飯を炊きました


ブログ開設、という事で、今日はお家では生まれてはじめてお赤飯を炊いてみました~。

以前とおこわ屋さんに勤めていた時には、

せいろで蒸していたのですが、炊飯器となると勝手が違ってそわそわしてしまいました。

お赤飯は母乳の出を良くするということで、挑戦しました。

親が持ってきてくれたお赤飯


産後、仕出し屋さんを営業していた実家の両親が大量にお赤飯を炊いて作って持ってきてくれました。

その時はお皿がものすごく重くてたまらなかったのです。お店用の直径30cmくらいのお皿だったので・・・。


タッパーに詰めてくれようとしたのですが、
時間が遅くなるということで、お皿のまま持ってきたようです。


産まれたばかりのわが子より重い、皿の重みとともに親の愛情の重さをひしひしと感じる事が出来ました。

そそくさと返ってしまった家族にちょっとさびしさを感じつつも、気遣いしーの私にあまり産後に気を遣わせたくないのかな、とも思ったのかな、と覚えています。

嫌われているんだろうな・・・。とちょっとネガティブな事も頭によぎったりしました。


さすが産後うつ?




言葉が通じず頻繁に泣くわが子とこれからの漠然とした不安に、夜中になると病室で涙していました。

産後の入院中に私は母乳がひっきりなしに出てしまい、一時期バレーボールくらいのサイズになった事があります。


それに反して、わが子はあまり母乳を飲まず・・・一度に体重が10g増えればいい方でした。


入院2日目から母子同室でしたが、2時間おきに授乳室に行って、母乳をあげては、体重計測し、「飲まないー!飲まないー!」と言っていました。



時折飲んでいるふりをしているんじゃね?


と思った時もあります。


赤子の内からずる賢い奴めーーーー!!!ムキーーー!!!


と思っていたのもちょっと前の事。

母乳を飲まない我が子のために乳頭保護器を購入しました




あまりにも増えないので吸引力?吸てつ力?と言うのが弱いのかな、と思って、あわてて病院内で乳頭保護器を購入しました。

病院の看護師さんが貸してくれた時によく飲んでくれたので、購入しました。

ついつい乳頭保護器に頼ってしまう生活に。

「出ないんじゃないんだから~必要ないでしょ・・・」と別の看護師さんにたしなめられましたが、当時産後うつに近かったので、結構凹んでしまった事を覚えています。

ですが、そんな言葉に負けず使い続けていると徐々に我が子の体重も増えていきました。


ま、今思えば、色々な考えがあって当然ですが、母乳をあまり飲まない子どもの体重を増やそうと必死だったのかもしれません。



そして自分の体重も減らしたい気持ちもあったのかも??



しばらくどこに行ってもムチムチね~と言われるわが子なのでした。


~本日のメニュー~

20160223_221727.jpg
お赤飯
豚肉と根菜の甘酢和え
二種類のキャベツの塩レモン味
ブロッコリーの茎ソース炒め

お赤飯は、もち米4カップ、うるち米1カップ、小豆は3/4カップの比率です。

もち米はやっぱり、腹持ちがいい!


Nice to meet you ♪

My name is elmolmo @ jb4.


It is eleventh month since my child was born, it will be almost a year.


So I decided to start blogging as a child 's parenting diary, record.


Actually I wanted to start right away from birth, but I could not take a step forward to the world of blogging.


I am thinking if I can write little by little without fear.


I am planning to tell various things about child-rearing from now on, such as little things, going out and troubles in my spending every day.



By opening a blog, today I tried cooking red rice for the first time at home I was born ~.



When I was working in a okowa shop before, I steamed it with a seiro, but when I became a rice cooker I was dismayed differently.


After childbirth, parents' parents cooked red rice in large quantities and brought them and brought them, but at that time the dishes were rather heavy and it was irresistible.

Because it was a dish about 30 cm in diameter for shops ....



Let's do it in Tappa(pack) · ​​· ·. Well, you came in a hurry ....


I was able to feel the weight of parents affection together with the weight of the dish.


While I feel a little lonely in my family who returned home, I remember thinking that I do not want to care too much about me after childbirth.


I guess they are being hated. I also crossed my head slightly negative things.


Truly postpartum depression?

Osekihan(Red rice) ,, that means that if you eat glutinous rice, you get better breast milk, but during my hospitalization after birth I had breast milk all the time and breast milk ended up all the time and it has become one size of volleyball for a while.


On the contrary, my child did not drink much breast milk ... It would have been better if the weight increased by 10 g at a time.


From the 2nd day of hospitalization I was in the same room as my mother, but when I went to the nursing room every 2 hours and raised breast milk, I weighed and we said "I do not drink!''


To my child, You pretend to drink occasionally, do not you?


There are times when I thought.

Clever girl from a baby! ! ! Mu-----kiiiiii-----! ! !


I thought that was a while ago.


Suction power?

Suction power?

I thought that it might be weak to say that I bought Medarea 's nipple protector inside the hospital.


Because I often drank it when the hospital nurse lent me, I lived in a life that relied on my mother's papilla protector.

I was touched by another person, "Because it is not necessary for you ~ · · · ·" , but since I was close to postpartum depression at that time, I remember having quite dented I will.


Well, I think now, it is natural that there are various ideas may be desperate to increase the weight of children who do not drink much milk.

And maybe I wanted to reduce my weight as well? What?

Then It was my child who is told that cheek is round, no matter where I go.


~ Today's menu ~

Red rice
Sweet red pepper with pork and root vegetables
Salt of two kinds of cabbage lemon taste
Stir-fry broccoli stem sauce

Red rice is the ratio of 4 cups of glutinous rice, 1 cup of glutinous rice and 3/4 cups of red bean.

As for glutinous rice, it is nice to have a stomach!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
当ブログのメールでのお問い合わせは こちらから